英国発 成長因子・サイトカインを安定製造するベンチャー企業の技術・ビジネスの日本進出


英国ケンブリッジ大学からスピンアウトした、成長因子・サイトカインを安定製造する技術を有する企業の日本進出サポートを行っております。ユーザー候補、サンプル評価、代理店参入などにご関心のある方からのご連絡をお待ちしています。


課題点

再生医療、創傷治癒等の研究に不可欠な成長因子 (Growth factor) ・サイトカイン (Cytokine) の試薬の多くは量産化を目的に設計されておらず、将来的な大量培養に備えた技術的改良を含めた量産化体制の確立が求められてきました。同時に、バッチ間差を安定化させた、ゼノフリー(動物由来材料不使用)の開発が期待されて来ました。


本ビジネスが解決する課題

・ 量産に対応可能な生産体制・・・ロット間差が少ない独自の生産技術

・ 高純度、高活性、ゼノフリー・・・独自のタンパク質リフォールディング技術(特許)を採用

・ 幹細胞・オルガノイド研究へ・・・肝細胞、膵β細胞、小腸オルガノイド等への工業的分化誘導への採用実績


ビジネスコラボレーション(お問合せ下さい)

・ 日本国内代理店候補募集中

・ サンプル評価先募集中